交通事故

保険会社からの示談の申し入れを端緒に相談というのが一般的です。ただ、証拠の保全や治療経過が後々問題となることもありますから、事故直後や治療中に、少なくとも一度は相談することが望ましいものです。

ご加入の任意保険に弁護士特約が付帯されていれば、相談から依頼まで、多くは自己負担なく法的な援助が受けられます。その利用による不利益もありません。

(交通事故の取り扱いの詳細はこちら)

債務整理

債務整理とは債務の減少・免除を受けることで経済状況の改善を図り、生活の再建を目指すための手続です。

重要な点は、①債務を追った原因の改善、そして、②その債務の減少・免除を受けて経済的再生をすることです。法的な手続にあたっては、債権者平等に配慮しつつ経済的更生を目指すため、免責や債務の減額に向けて適切な申し立てをする必要があります。

(債務整理の取り扱いの詳細はこちら)

遺産・相続

既に生じた相続で、話し合いがまとまらないとき、いつまでも当事者で話し合いを続けることは望ましくありません。

第三者が関与することで一定の進展があるかもしれませんし、自らが感情的対立の矢面に立たなければならない心理的負担から解放されます。遺言も作り方次第で新たな紛争を生むこともあれば、紛争を回避することもあります。

(遺産・相続事件の取り扱いの詳細はこちら)

離婚

離婚をするかどうかの最終的な判断はご本人に委ねられます。今後離婚を決断された場合に備えて、あなた自身の利益やお子様の福祉のための助言をすることができます。

円満な夫婦関係は婚姻の責任に裏付けられてこそ築かれますから、関係の清算という局面でどのような権利があるかをよく知っておくことは一つの参考になります。その意味では、別居前の同居段階で一度相談しておくことも意義があります。

(離婚事件の取り扱いの詳細はこちら)

刑事弁護・少年付添

刑事事件で最も重要な期間は、逮捕されてから72時間以内といわれます。このときに良かれと思ってした供述が意図せぬ自白と扱われ、その後の裁判で証拠となるかもしれません。

日本では取り調べに弁護人の立ち合いが認められていませんが、法律に詳しくない被疑者の方に供述内容が適正かどうか判断するのは無理でしょう。実際、自白が問題となる事件の全ては、被疑者の方がその時良かれと思って署名・押印をした調書が後になって真意でないと争われるものです。

(刑事弁護・少年付添事件の取り扱いの詳細はこちら)

 

お気軽にお問い合わせください054-269-4581営業時間 9:00 - 18:00 [ 土日・祝日除く ]