症状固定はいつから?

症状固定とは

症状固定とは、法律的に具体的な定義が定められているわけではないのですが、それ以上治療のための通院を続けても改善が見られなくなった段階をいいます。読んで字のごとく、症状が固定し、それ以上良くならない、という段階です。

固定していても、症状は残っているということですから、症状固定後も、その症状の緩和(改善を見込まない対処的な治療)のために健康保険での通院はできますが、それに要した費用(治療費や交通費)は損害賠償請求の対象とはならず、通院の実績も慰謝料としての要素にはなりません。固定後に残存する症状はあくまでも「後遺障害」として、その補償は、後遺障害慰謝料及び後遺障害逸失利益の問題として扱われます。

症状固定はどのように判断されるか

症状固定は通院先の主治医により、患者の診察に基づいて判断されますが、特に他覚所見のないむち打ちなどの場合、実際には任意一括の打ち切りなどとの兼ね合いで決まります。どういうことかというと、ある程度通院を継続していると、保険会社が「そろそろ6か月ですね、症状固定ではないですか?」と疑義を呈します。それを受けて通院先も症状固定の診断をするケースが見られます。

逆に言えば、保険会社が何も言ってこず、任意一括を続けていれば、患者が通院を望んでいるのに医師の方から症状固定という診断を積極的にする、ということは必ずしもありません。保険屋さんがいいなら、いいですよ、というスタンスのところも多くみられます。逆に言えば、保険会社から指摘があれば淡々と症状固定の診断をするのでしょう。

症状固定の判断基準

症状固定は、医学的に一般的に承認された治療法をもってしてもそれ以上の改善が見られない段階ですので、主治医によって診断され、それが相応の証明力を持ちます。具体的には、その患者が通院した医療機関の主治医が後遺障害診断書を作成しますが、そこに記載されている症状固定日がそれとして扱われます。

但し、少しでも患者の症状の緩和を目指そうとする主治医と、客観的な視点でそれを判断する訴訟手続とにおいては、そのずれが生じ得るということは指摘されています。主治医の後遺障害診断が不合理であり症状固定日がもう少し時間的に前の時点にある場合にはそのように判断されることになろうと思われますが、それは事故態様や、傷病内容、治療経過、治療内容による個別具体的な判断です。

一度された症状固定を争うことはできるか?

以上は主治医の判断と裁判所との判断にずれが生じうる、ということでしたが、これと同じように保険会社が一方的に症状固定だなどとして治療費が打ち切られ、健康保険の利用に切り替わっていたとしても、別に、それが真実の症状固定として扱われるわけではありません。主治医が保険会社の打ち切り後も通院を支持し、未だ症状固定の段階にないとの所見を示し、それが医学的にも一般的に承認された治療や通院期間ということであれば、保険会社の打ち切りは症状固定の判断に影響を与えません。

前の主治医と新たな医師との見解の違い

症状固定とされることによるの影響は大きく、それへの疑義というのはあり得ます。ただ、それは基本的に医学的なものですから、一度された症状固定の判断を争うには、それを支持してくれる医師の診断があったほうがよいでしょう。
前の主治医によって症状固定とされた場合、新たな医師が「まだ症状固定ではない」と判断したとき、前の判断を争えるかどうかは、前の医師と、新たな医師の所見とを比較してどちらが医学的な支持を得るものかによります。

裁判例の動向は?

裁判例の傾向としては、症状固定に関して当事者に争いがない場合はそれに従った認定をすることが多いと思われます。
これに対し、症状固定に争いがある場合には、基本的には患者の主治医の症状固定の診断に依拠しつつも、①傷害や傷病の程度(例えば、骨折を伴うか、神経症状のみか)、②症状の推移(改善状況)、③治療経過、内容、④諸検査結果、⑤同種の症状について一般的に症状固定までに有するとされる期間、⑥事故状況を考慮して決められています。

具体的な対応の在り方

このように、症状固定が補償に与える影響は非常に大きいと言えます。まずは主治医の判断が重きを持つので、しっかりと適切な時期にしてもらうことが大切です。
それが不合理だ、という場合に不本意にも症状固定とされてしまった場合には、その後の通院などを含めて、①傷害や傷病の程度、②症状の推移、③治療経過、内容、④諸検査結果、⑤同種の症状について一般的に症状固定までに有するとされる期間、⑥事故状況を考慮して対応を決めていく必要があります。このような対応は、単に症状固定の時期だけではなく、後遺障害等級認定の結果にも影響をすると考えられますから、慎重に対処することが適切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。