交通事故と整骨院(接骨院)への通院

整骨院(接骨院)への通院にまつわるトラブル

交通事故でむち打ちになり、整骨院に通いたい、と考える被害者の方は少なくありません。整形外科と違って、夜遅くまでやっていますし、混んでいて待ち時間が長すぎるとかそもそも駐車場に車が止められない!などということもなく、サービスもよい。
これに対して、医療機関である整形外科の方は、正規の医師資格を持たないそれらの施術にあまりいい顔はしません。そういったこともあって、医師の指示なく整骨院に通ったり、整形外科に通わずに整骨院ばかりに通ったことでトラブルになることもあります。

整骨院の通院の可否…必ずしも医師の同意は必要ではないものの、整形外科への通院を主体とした方が無難

整骨院への通院が絶対に駄目、というわけではありません。文献を見ると、医師が同意した場合は通院できるとの見解がありますが、それはそうでしょう。問題は、整形外科医は整骨院にあまりいい顔をしないので、医師の明示の同意まではないケースです。
結論からすると、医師の明示の同意がないから、通院の治療費が認められなくなる(保険会社が支払いを拒否したり、裁判で裁判所が補償を否定する)ということはありません。

症状固定までの期間になされ、施術の相当性、有効性や合理性が認められれば、損害として因果関係は認められ、補償の対象になります。ただし、医師が明示的に反対していたような場合には後々トラブルとなることもあるためすべきではなく、明示的反対はなくとも、後日、医療照会で「整骨院への通院は知らなかった、支持しない」との回答を受ければどうしてもマイナスに作用します。
ですので、補償を見据えた一般論としては、やはり整骨院ではなく、整形外科への通院を主体とした方が間違いない、と言えそうです。

もし整骨院に通う場合、整形外科への通院と比較しての回数や頻度に注意すべき

整骨院への通院で重要なポイントは、医師が同意したか、そうでないにしても、明示の反対をしていたか、明示の反対まではしなかったかです。
医師が整骨院への通院に同意していた場合は、施術費用の因果関係は認められやすくなります。

ですが、同意した整形外科に全く通わずに整骨院ばかりに通っていた場合には、施術に要した全額ではなくその一部だけを損害として認める裁判例もあります(こうなってしまった場合、認められなかった部分は自己負担になってしまいます。)。医師の明示の反対に対して通った場合に、相当性を否定しなかった裁判例もありますが、やはり一定の割合に限って認めるという減額がなされています。

やや病院側の対応に疑義があるケース

交通事故の損害賠償請求を通じて色々な方の診断書に接していると、まれに整形外科の医師が書いた診断書に、「当医院は整骨院への通院を一切認めない。通院した場合は、後遺障害診断書を書かない。」などという記載を毎回毎回なさる病院があります。データ上のひな型に定型文書として組み込まれているようです…。

こういった病院は少しやり過ぎではないかと思われ、正直なところ、患者に対して一様にこのような対応をすることの当否(医療機関としての対応の適法性)はかなり疑義があります。医療機関として、整骨院への通院が相当でない、反対であるという意見を述べる権利はあると思いますが、それを理由に後遺障害診断書まで書かないとなれば、患者はそのための審査を受けられなくなってしまうため、患者の権利を害します。
このような対応はかなり疑問ですが、ただ、医師の見解は整骨院への通院費用が補償対象になるかに関して大きな作用をもたらす。このような病院に通われている場合には医師の指示に従って、整骨院への通院はやめた方がよいでしょう。

結論としては、やはり整形外科への通院を主体にすべき

このように見ると、やはり整骨院への通院はいろいろな問題点を含んでいます。実際には、熱心に施術をしてくださる医院もあって、医療業界から整骨院への当てつけでは?と思うところもあります。ですが、そういった業界事情を差し置いて被害者目線で考えれば、やはり補償の面では整形外科への通院を主体にすべきと言わざるを得ない状況です。

もしどうしても整骨院に通いたい希望があって、それを認めてくれない通院先の整形外科と合わないとお感じであれば、事故後の適切な時点で、整骨院への通院を認めてくれる整形外科に通院先を切り替えることが適切だと思われます。事故から何か月も経つと、紹介状を書いてもらって通院先を変えるのは困難になりますが、直後であれば、さほど難しいことではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。