人身傷害保険と過失相殺

人身傷害保険とは?

人身傷害保険(以下「人傷保険」)は、被保険者が事故によって被った損害を補てんするための自分のための保険です。自損事故や加害事案(被保険者の側の過失によって生じた事故)であっても約款に従って損害が算定され、それに基づいて保険金が支払われます。

被害事故の場合には利用しないのが通常

このように、自分の保険からも事故に対する補償が受けられますが、加害者が任意保険に加入している場合の被害事故では利用しないのが通常です。加害者に対して損害賠償ができ、任意保険から補償が受けられるからです。
人傷保険金を受け取っても、その分について代位が生じるので、損益相殺により加害者(が加入する任意保険)から支払われる賠償金が少なくなります。

人傷保険によって算定される損害とは?

このように、被害事故の場合に人傷保険を利用しない理由は、損益相殺によってその分を加害者に請求できなくなるからですが、もし人傷保険の方が多くの金額が支払われるとしたら、加害者ではなく自分の保険から保険金を支払ってもらった方が多くの補償を受けられるということになります。
もちろん、そのようなことは「通常は」なく、人傷保険の約款によって支払われる保険金は加害者に対して請求可能な損害賠償の額よりも少なく抑えられています。ですから、「通常は」自分の人傷保険に保険金を請求するよりも、加害者(が加入する任意保険)に対して損害賠償請求をした方が多くの補償を受けることができます。

過失相殺が行われる場合は人傷保険の方が多くの補償を受けられる場合がある

このように、「通常は」

自らが加入する人傷保険の保険金  相手に対して請求可能な損害賠償請求の額

の関係にあるので、人傷保険に請求する必要はありません。しかし、例外として、相当程度の過失相殺が行われる場合には話は変わってきます。人傷保険は、その約款上、加害者に対して請求可能な損害賠償の額よりも少ない損害認定となっていますが、過失の有無にかかわりなく支払われる性質があるので、過失相殺を考慮すると、事故の相手に対して請求可能な損害賠償額よりも自らの人傷保険に対して請求可能な保険金の方が多くなるケースがあります。
この場合には、

自らが加入する人傷保険の保険金  相手に対して請求可能な損害賠償請求の額

となります。

相手からの賠償金と自分の保険の人傷保険金を合わせると満額の補償になるケース

ここまでで、過失相殺により、人傷保険金が相手に対する損害賠償請求を上回るケースがあることを説明しました。しかし、話は単純ではありません。
どういうことかというと、人傷保険金は、過失に関わらず損害を補てんすることを内容とする保険なのだから、加害者から受けることができない過失負担分に充当し、残額を加害者に請求できれば補償上大きな利点があるからです。
例えば、総損害が100、過失相殺5:5、人傷保険金50のケースですと、過失割合に対応する50の補償を人傷保険から受けて、残りの50を加害者から賠償金として受領できれば満額の補償となります。このような充当は可能でしょうか?

人傷保険金を自己の過失部分に充当することはできるか?

結論からすると、今の保険の約款上、裁判外では原則として認めらません(人傷保険を先行受領した場合その分につき自分の保険会社が代位し、賠償金や自賠責を先行受領した場合もその分が人傷保険から控除される。)。しかし、例外があり、訴訟手続を利用した場合にはその余地があります。このような充当を「裁判基準差額説」といい、これを判示したのが最高裁平成24年2月20日判決です。
現行の約款は上記の最高裁の当時とは内容が変わっていると思われますが、約款で訴訟による場合に人傷保険約款上の損害を裁判所が認定した損害とみなす旨定められていれば、これによって、裁判基準差額説による補償が受けられることになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。