むち打ちと症状固定

症状固定とは

事故後に通院をして、症状がなくなった段階を「治癒」、症状が残存しているがこれ以上治療を続けても良くならない段階を「症状固定」と言います。症状固定の判断は主治医が行います。この症状固定の前後を通じて補償問題に大きな影響があります。

症状固定後は治療費や休業損害が補償されない

症状固定後は後遺障害の有無の問題とされます。したがって、原則として治療費や休業損害のほか、通院したことに伴う慰謝料も発生しません。
残った症状に関して主治医に「後遺障害診断書」を書いてもらって、後遺障害の該当との判断が得られれば後遺障害慰謝料と後遺障害逸失利益が補償されます。

むち打ちの場合は6か月?

他覚所見がない一般的なむち打ちの多くは6か月が目安とされます。このころを過ぎると保険会社の担当者の態度がかたくなり、通院先に医療照会を行ったり、一方的に打ち切りとなることも珍しくありません。
根拠は医学的な見識ですが、実際には主治医の所見を取ったうえで打ち切りを試み(第1段階)、次いで一方的に終了させることが通常です。

6か月以上通えるかどうかは症状と、医療機関次第

医学的には半年が目安とは言われるものの、むち打ちの症状も様々で、その原因となる事故態様も大小それぞれです。したがって、6か月で終わり、と考える医療機関もあれば、患者の希望を酌んでできるだけ通わせてくれる医療機関もあります。
6か月以上通えるかどうかは、症状と、医療機関次第といえます(もっとも、健康保険を利用しての通院は可能です。)。

通院期間の長さの差はどこから?

むち打ちの症状はいろいろありますが、実際には3か月しか通わなかった方や、6か月通った方、10か月通った方など様々です。この差はいったいどこから来るのでしょうか?
3か月の場合は事故態様としてさほど大きくない事案、被害者自身があまり通院をしない場合や、事故直後から整形外科ではなく整体や接骨院を主体に通った場合に多いように思われます。

半年以上通うことはできる?

むち打ちは6か月が目安となりますが、10か月くらい通う方はいます。この通院期間の差は、事故の程度だけではなく他の要素が働いています。

①  保険担当者がどれだけ熱心に打ち切りに向けて進めたか
→ 整形外科医の多数は半年が目途と考えていますが、医師自身は今日で終わりという診察は積極的にはせず、保険会社が何も言ってこなければ治療を続けてよいと考えている場合も少なくありません。

②  患者がどれだけ通院治療を希望したか
→ 多くの整形外科医は半年を目途と考えていますが、患者の希望を踏まえての最終判断です。

③  医師の理解
→ 半年という枠にこだわらず積極的にもう少し通院をしてはどうかと支持してくれる医療機関もあります。

むち打ち症状と14級該当性

上記述べた通院期間の長短の差は、通院に関わる補償はもちろん、後々の14級該当性に関わってきます。これは、別記事でお話しします。

「むち打ち症状と後遺障害14級該当性」の記事へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。